大豆製品で女性ホルモンをアップ

豆腐

 

 

胸を大きくする方法 食品と言えば、まずは大豆食品です。

 

大豆には、女性ホルモン エストロゲンに近い働きをするイソフラボンが、豊富に
含まれています。⇒ 女性ホルモンとは?

 

バストアップサプリや、バストマッサージクリームなどにも、よく配合されている
成分です。バストをふっくらと、ボリュームアップさせるだけでなく、美肌効果や、
老化を改善する効果があり、女性のキレイを叶えてくれる、栄養成分ですので、積極
的に摂取しましょう。

 

イソフラボンの一日の理想 摂取量は?

大豆イソフラボン 効果

 

小さい胸大きくしようと、なんでも過剰摂取してしまうことは、効果的とは
言えません。逆効果になってしまうことや、不調の原因になってしまうこともあ
ります。

 

一日のイソフラボン摂取量上限の目安は

 

  • 食品から摂取する場合、イソフラボンの1日の摂取上限は、70〜75mg
  • バストアップサプリ等、健康食品の場合は1日の摂取上限は、30〜35mg

 

が、バストアップや、美容に効果的です。

 

また、大豆食品に含まれるイソフラボンは、食べてから身体や血液に取り込まれ
ますが、約8時間後には半減してしまいます。

 

理想的にイソフラボンを血中にキープし、豊胸効果を得るには、時間をずらして、
摂取するのが、大変効果的です。

 

大豆イソフラボンの配合量

 

大豆食品

 

バストアップに効果的な大豆食品は、朝、夜、回数を分けて摂取したり、他の胸を
大きくするのに、効果があると言われている成分と、バランス良く食べることで、
より効果が期待できますのでオススメです。

 

 

朝は豆乳や、お豆腐、夜は納豆・・。これで十分に理想量が摂取でき、また夜納豆
は腸内環境の改善、サラサラ血液にも効果がありますので、美容効果も高いです。

 

 

  • 納豆 40g(1パック) 約29mg  
  • 豆乳 200mg(1カップ)約50mg
  • 豆腐100mg(4分の1丁)約20mg 
  • きなこ6g(大さじ1)約16mg
  • 油揚げ20mg(1枚)約8mg
  • 高野豆腐10g(1個)約9mg     
  • お味噌18g(大さじ1)約9g
  • 煮豆20g(大さじ2)約16mg
    

 

私も大豆製品が大好きで、ダイエット時などは主食の代用品として、厚揚げを食べたりしています。個人差はあるかもしれませんが、バストのハリ感、柔らかさなどに影響しているように感じています♪

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

 

◆トップページへ戻る おっぱいを大きく

関連ページ

キャベツ
キャベツがバストアップに効果があるというのは本当です。内側からのバストケアや美容のためにぜひ食事でキャベツを食べましょう。女性ホルモン エストロゲンを活性化する効果のあるボロンとは?アイドルやグラビアタレントもカップアップした方法について。
鶏肉
胸を大きくする方法として、良質なタンパク質を摂る事は必要なポイントです。本当に鶏肉や唐揚げで胸が大きくなるの?バストアップに効果的な食材、食事とは?小さい胸の悩みを解消しバストの育乳に、本当に必要な栄養素について詳しく説明しているページです。
マグロ
バストアップ効果のある食材として、鮪は効果的です。マグロはタンパク質、必須アミノ酸を豊富に含んでいるので小さい胸を大きくするのに役立ちます。亜鉛や鉄などの栄養素も含み血行促進、不飽和脂肪酸により美容や健康効果も高く、胸 大きく、美肌にも嬉しい食品です。
アボカド
アボカドは豊富な栄養素、良質な脂肪である不飽和脂肪酸を含む食材で、バストアップや美肌効果があり美容に最適です。ダイエットにも役立ち魅惑的なボディーや美肌のために、積極的に摂取しましょう。胸を大きくする効果的な食事や重要ポイントについて紹介。