アルコールが女性ホルモンのバランスを崩してしまうの?

女性ホルモン バランス アルコール

みなさん、お酒を飲みすぎてしまって二日酔いになった経験、あるのではないでしょうか?

 

このお酒の飲みすぎは、実はホルモンバランスやバストアップの面からも要注意なんですよ。

 

 

女性ホルモンのバランスを崩してしまう原因と、なってしまっていることもありえます。

 

お酒とホルモンの関係とは?

お酒 ホルモン,お酒 自律神経

お酒を飲んだ次の日は、体温が高くなっていたり、体が熱くなっていたりしませんか?

 

お酒のアルコールを分解するために、熱が発生するのですが、この状態では睡眠時間が浅くなってしまい、ホルモンバランスを乱してしまうと言われています。

 

 

これは自律神経が乱れたことによっても起こるのですが、自律神経とホルモンは深く関係しているため、女性の身体に悪影響を及ぼしやすいと言われています。
良質な睡眠で成長ホルモンアップ!ページもチェック

 

30歳を過ぎてからお酒の量が増えた?

お酒 女性ホルモン,過度 アルコール ホルモン

私たち女性の中には、「若いころはあまり飲めなかったのに、30代を過ぎてくると、飲めるようになって強くなった」

 

という方も、多いようです。

 

この体調の変化は、女性ホルモンが減少し、アルコールの分解能力がとても高くなったと考えれています。

 

女性ホルモンのバランスが崩れたり、分泌量が減少したりすると、骨の老化が起こりやすいと言われていますので要注意です。

 

近年、女性はアルコールに強く飲める人が多くなってきたせいか、脂肪肝の人も多いと言われています。

 

脂肪肝になってしまうと、肝臓で処理できなかった脂肪分が、血液に溢れ出してしまいます。

 

それが肥満の原因になったり、生活習慣病の原因になったりします。そういう理由も合って、やはり飲みすぎは良くないということが言えると思います。
バストアップ方法 30代 もチェック

 

お酒を愉しむのはOK!過度なお酒はダメ!

バストアップ 方法,健康 維持 方法

お酒は飲んではダメ!‥といっているのではありません。やはり、適度な量を心がけることが肝心です。

 

過度なアルコール摂取は体に良くないばかりか、女性は男性に比べて半分くらいの量でも、体に影響を及ぼしてしまうと言われているほどです。

 

たまに羽目を外すのも良いですけど、健康のためにも、あまり飲みすぎないように注意しましょうね!

 

そして、いつまでも美しく健康でいるためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。

 

それは、食べ物から必要な成分を摂取することもできます。

 

お酒 女性ホルモン,過度 アルコール ホルモン

例えば大豆製品です。もうバストアップ食品の代名詞と言ってもいいくらいに有名ですね。
その理由雨はイソフラボン。このエストロゲン作用にとっても似た働きが胸を大きくするのに役立ってくれるのです。

 

この成分が含まれていますので、減少してしまった女性ホルモンの分泌を、増やしてくれる働きがあります。

 

この成分はもちろん胸にハリを与え、魅力のアップにも効果的なんですよ。

 

とにかく、お酒を飲むのもバランスが大切、食べ物のバランスが大切。
何にしても過剰なのは良くないということが分かります。

 

女性には妊娠や出産と言う大事な役目がありますから、何事もやりすぎないように体を大切にしていきましょう!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

ベルタプエラリア